応募対象・資格ということ

結婚相談所の中には、応募・資格対象というものを設けているところもありますね。



一番ポピュラーなものは、年齢制限。



通常は、18歳以上の男女という簡単なものですが、

それ以外にも、30代後半から40代の方が中心のLuxury Mariageや、

女性は21歳以上、男性は23歳以上のエクセレンス青山のように細かいところ、

更にもっと年齢が上の方のサービスもあるようです。



年齢制限というのは、資格としては難しいものではありませんが、

中には、エリート・セレブ専門を謳い、

男性の職種を医師や弁護士、社長業などに限定したところ(前述のエクセレンス青山)や、

居住地域を(例えば関東圏)限定しているところも多く見受けられます。



これは、もちろん各結婚相談所・結婚情報サービスの特色を出すもので、

特定の方と交際を希望する方にとっては、有効なものであると言えます。



一方で、出会いの幅を狭めていないか?なんて心配もありそうです。

入会審査という厳格な姿勢を打ち出しているところもありますからなおさらです。



地域限定などは、大都市部に集中しており、

都会の方が婚活に優しいのかな?と錯覚してしまいそうになりますが、

そうではなくて、大都市になればなるほど、「出会い」というものが如何に難しいかを逆説的に痛感するわけです。



まぁ、都市部には田舎にはまだ生存している、

“お節介なオバさん”というものが生息している証拠かも知れませんね。



お節介・世話焼き・・・言葉は言い換えられますが、

こんな人たちが周りにいるというのも、煩わしい反面、ホッとする存在と感じます。

(まぁそう感じるのは、自分自身も歳を重ねてからですがね・・ f ^ ^;)





応募・資格対象は、ご自分に照らし合わせるだけでなく、

お相手となる女性(男性)たちも、ある条件を満たしているということを忘れないようにすることが大事です。



あなたに合った条件というものをしっかり持っていることも、

婚活をスムーズに進められる大事な要素になりますからね。



応募・資格対象を制限と考えるのではなく、

スムーズに進めるためのルールだと捉えることは、決して無駄ではないはずです。