結婚に直結する大事な3つの相性

結婚する時って、色々な相性が必要になってくるわけです。

難しい話をするわけではありませんが、こういうのもあるねって話です。







◆料理の好み

料理の好みというか、舌の感覚って大事です。

彼女の作る料理に、最初から何処か慣れている感覚がアルカナイカ?



これは、まぁ、言い換えれば、

男性側のお母さんの味と、女性側のお母さんの味が似ているということ。

家庭の味、おふくろの味ってものが似ていると、話はスムーズです。



確かに、食材の使い方や頻度などは違うのが当たり前ですが、

味付けや調味料の使い方が似通っているのは、効きます。





◆共通の趣味・理解できる趣味

付き合う前から聞いていた音楽が同じだった―のは、私と嫁さんの話です。

結婚して、CD棚をひとつにしたら、同じCDがあった!なんてのは笑い話でしょうが。



共通の趣味でなかったとしても、理解できる趣味なら問題ありません。



同じ点と違う点が、それぞれいくつあるか?というのが、相性かも知れませんね。





◆身体の相性

ちょっとエッチな話ですが、身体の相性も大事な要素です。



性器の形や大きさが合っていると良い―なんて話もあるみたいですが、

そういった点ではなく、SEX自体の好き嫌いというのも重要です。

(プレイ内容なんてものではもちろんありませんよ)



どちらかが我慢する状況というものは、あまり良い状態ではありませんからね。



SEXをしたいのにできない苦痛、SEXをしたくないのにしなくてはならない苦痛。

どちらがより苦痛なのか分かりかねますが、

お互いが楽しめるのが、やはり理想の状態と言えますね。







この3点は、結婚を意識するなら考えてみると良いですね。



どれも結婚前の付き合っている段階で、なんとなく分かるものです。

(というか、分かっていなくてはダメです)



ただ、あまり小難しい条件というのも、結婚に辿り着けない結果にもなりかねません。

最低限、許せない言動が無い限りは、関係を続けていくのも良いでしょう。